【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化

【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化

2022.09.05 10:00




本サイトはプロモーションが含まれています。

 

 

 

 



 

 

 

 


病院・クリニック・歯科医院のDXなら医療DXツール.com


 

 

 

患者さんへの病状説明や処置に神経を使う。
院内スタッフの教育や維持に時間を使う。
アナログな業務に体力を使う。

 

先生方はこんなお悩み、お感じではないでしょうか。

それらのストレスを少しでも緩和できれば、そんな思いでご提案するのが ”KusuriScan(クスリスキャン)” です。

 

”KusuriScan(クスリスキャン)” は医療機関のお薬手帳確認のストレスをデジタルで解決するタブレット/スマホツールです。

診療で活躍されるドクターとスタッフの声をもとに作られました。

何から始めればいいのかがわかりにくい、診療のデジタル化。

”KusuriScan(クスリスキャン)”ならタブレット/スマホ1台で、実現できます。

 

今回は、メディコラボ社代表 医師の井汲先生から、お客さんから得た気づき、サービスづくりの経緯、現状とこれからの展望についてお伺いしました。

 

 

KusuriScanイメージ【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

 

 

―井汲先生、本日は宜しくお願い致します。早速ですがまずは簡単に自己紹介をいただけますか?

 

井汲 今回はこのような機会いただき光栄に思います。ありがとうございます。

私、井汲はメディコラボ社を運営しております。
非常勤の脳神経内科医として勤務しつつ、ソフトウェア開発企業の代表でもあります。

 

 

井汲 一尋  株式会社MEDICOLAB代表取締役・医師インタビュー  KusuriScan【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

今回インタビューに答えていただいた井汲 一尋先生( 株式会社MEDICOLAB代表取締役・医師)

 

 

―メディコラボは、診療現場のお客さまの声をもとに、サービスをつくり提供をしてきたとお伺いしました。どんな気づきがあったのでしょうか?

 

井汲 はい、100名に及ぶドクターとスタッフさんからお声を頂戴しました。日々の診療の合間を縫ってご意見下さったので、お付き合いくださった方々には感謝しかありません。

大きかった気づきは、ドクターが無意識に感じている日々の業務からくるストレスでした。患者さんへの説明からはじまって、処置の終わりまで、神経を使っています。

安心安全な医療を提供したい、スタッフにもしっかりと教育を行き届かせたい。患者さんスタッフさん思いなドクターほど、悩みやストレスを抱えやすい現状に気付かされました。

 

そんなドクターのストレスが、少しでも軽減できたら。
そういった想いで、サービスをつくり提供をはじめました。

 

お薬手帳のスキャンで薬情を一斉表示する、タブレット型の薬情システム ”KusuriScan(クスリスキャン)” です。

手軽さと使い勝手を追求し、どこでもサッと使えるところが好評です。

 

 

―このツール”KusuriScan(クスリスキャン)”で、どんなことがわかるのでしょうか?

 

井汲 どんなお薬を飲んでいるかはもちろんのこと、患者さんがどんな基礎疾患をお持ちか、ということがわかります。ご高齢な方はしばしば自身の病気を把握できていないため、そのときに有用です。問診票があまりあてになりにくいケースに特に便利です。

 

 

―なるほど。問診では気づきにくい患者さんの基礎疾患まですぐにわかる、ということですね。他にはどんなことがわかるのでしょうか?

 

井汲 処置や手術のときの注意事項もわかります。よくみるお薬の注意事項は思い出せばわかるものですが、見慣れないお薬については注意すべきことを調べないといけません。しかし、この情報が参照されにくい現状がわかりました。

であれば、クスリスキャンで薬の注意事項がわかると良いと考えました。
治療する人も治療される人にも安心感が生まれます。

 

 

―なるほど!ではそのサービス、クスリスキャンを見せていただけますか?

 

井汲 承知いたしました。こちらがKusuriScan(クスリスキャン)です。

 

 

KusuriScan(クスリスキャン)の実際のアプリ操作画面 (iPhone版)

お薬手帳のDX KusuriScanイメージ【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

普段は都度調べなくてはならない注意事項が赤字ですぐに表示される。

 

 

実際の操作画面は、KusuriScan(クスリスキャン)紹介動画でご覧いただけます。

 

 

―アプリをダウンロードした後は、どのように使うのですか?

 

井汲 使い方は簡単です。お薬手帳を撮影し検索。

・患者さんがどんな薬を飲み、どんな基礎疾患を持つか

・処置や手術のとき、どんな薬に注意すべきなのか

・どんな飲み合わせを避けるべきか

がざっと確認できます。

 

 

―これならシンプルで、操作もしやすそうですね

井汲 はい。おっしゃる通りでシンプルです。操作で迷うこともありません。

 

 

―KusuriScan(クスリスキャン)のオススメポイントはどんなところですか。

井汲 はい。オススメのポイントは、

 

・お薬手帳のスキャンで薬情を一斉表示

・タブレット/スマホ1台で自由に操作

・診療効率アップを目指した機能・画面設計

 

というところです。

 

また機能でもこだわっています。

 

・読み取りの迅速性
1度に全検索し、5-10秒で読み取り完了

 

1度に全検索できる!KusuriScanイメージ【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

 

 

薬の網羅性
20,000種類以上、ほぼ全薬に対応。

 

20,000の薬に対応_KusuriScanイメージ【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

 

 

―実際の操作を見て、早くて驚きました。これは皆様試してみていただきたいですね。すぐに使えるのはとても便利ですよね

 

井汲 はい。タブレットやスマホ1台あれば、App Storeからのダウンロードですぐに使えることもポイントです。

 

 

―医療機関にとって、KusuriScan(クスリスキャン)導入をすると、どのようなメリットがありますか?

 

井汲 アナログ診療のストレスが減ったというのが第一のメリットです。

処置や手術の際、ドクターだけでなくスタッフも安心感が高まったという第二のメリットもありました。

スタッフ教育にも役立ち、患者さんへの指導が行き届くようになったという第三のメリットもありました。

 

 

―まだ真新しいツールのKusuriScan(クスリスキャン)ですが、今後はどのように展開されていくのでしょうか?

 

井汲 今後は、病院連携や電カル連携も進め、より一層のサービスの質の向上を進めます。

 

 

―ありがとうございます。KusuriScan(クスリスキャン)のより一層のご発展に向けて応援しています。

 

井汲 はい。ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 

 

―ただいま、KusuriScan(クスリスキャン)をお使いいただける方にキャンペーンもされているとのことですね。

 

井汲 はい。KusuriScan(クスリスキャン)のアプリをダウンロードして、定期購読を登録しても、最初の14日間は無料です!

 

 

KusuriScanイメージ【お薬手帳確認のストレス、デジタルで解決】 タブレット1台でできる診療デジタル化 - Dspace Plus

 

 

【KusuriScan(クスリスキャン)無料お試しのお知らせ】

今回、メディコラボから、この記事の読者の先生向けに特別に専用のクーポンをご用意いただきました。

定期購読を押しても、はじめの14日間無料でお使いいただけます。

 

* こちらのFAQページでよくあるご質問と解約方法をご確認いただけます。

FAQ:https://medicolab.co.jp/projects/kusuriscan/faq-kusuriscan/

 

 

KusuriScan

価格 ¥1,900/月(税込)

<個人利用可、法人利用可 / 医科、歯科、介護に対応>

 

*定期購読に登録(月額¥1,900)しても、はじめの14日間無料です。

※Apple社のiPadとiPhoneのみでご利用可能です。

 

推奨環境:

iPad:iPadOS14以降
iPhone:iOS14以降
 

 

 

 

KusuriScan(App Store) 定期購読は14日間無料

App Storeが開きます

 

KusuriScan詳細はこちら

外部サイトが開きます

 

 

株式会社MEDICOLAB(メディコラボ)

代表者:井汲 一尋

設立:2018年6月 

本社所在地:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号JPタワー名古屋21F

コーポレートサイト:https://medicolab.co.jp/

 

 

今回取材にご協力いただいたのは、

 

井汲 一尋

株式会社MEDICOLAB代表取締役・医師

LinkedIn  Wantedly

 

経歴

1986年 群馬県高崎市生まれ

2009年 North Carolina大学 Chapel Hill校

2010年 名古屋大学医学部医学科卒

2018年 株式会社MEDICOLAB 代表

 

資格

日本内科学会   内科認定医

日本神経学会   神経内科専門医

東海北陸厚生局  難病指定医 

 

 



 

 

 



 

 

 

 

病院・クリニック・歯科医院のDXなら医療DXツール.com


 

 

人気記事