fbpx

すぐわかる!作業療法士国家試験合格発表後の免許証受け取りまでの流れ

2020.03.05 03:34





 

医療系の資格も国家試験ラッシュの2月3月ですが、資格取得後の手続きについてまとめていきます。今回は作業療法士の国家試験取得後の流れについてまとめました。これを読めば、合格発表から、作業療法士国家試験免許取得・変更等の流れまですぐにわかります。こちらの記事は、2019年度版(2020年春 試験実施、2020年合格発表の回)です。

 

2020年度版(2021年試験実施)の記事はこちら

 

※合格発表中止に関して(2020年3月16日更新)

厚生労働省より、合格発表中止のホームページ発表があります。急な変更になりますので、ご確認下さい。

“新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から検討した結果、厚生労働省及び各地の国家試験運営臨時事務所又は各指定試験機関における合格者の受験地及び受験番号の掲示による発表を取りやめることといたしましたのでお知らせいたします。”

“なお、例年どおり、各合格発表日の午後2時から厚生労働省のホームページへ合格者の受験地及び受験番号を掲載するとともに、各受験者へ成績及び合否を書面で通知いたします。”

 

とされています。

 

厚生労働省 合格者の掲示の中止について

https://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000109634_00003.html

 

厚生労働省 国家試験合格発表

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/goukaku.html

 

合格発表は中止されていますが、例年の参考として以下、本記事で、合格発表概要に関しては、そのまま削除せず記載しますが、何卒お間違いのないようお願い致します。

第55回 作業療法士国家試験2020年の概要

 

日程(2019年度)

第55回作業療法士国家試験は令和2年2月23日(日曜日)・25日(火曜日)に行われました。

 

試験時間

午前 9時50分~午後5時00分

 

会場

(1)筆記試験

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県 の8都道府県。

 

(2)口述試験及び実技試験

東京都

 

国家試験科目

 

試験科目は、以下の通りです。

 

1.筆記試験 一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。

 

ただし、重度視力障害者(視力の良い方の眼の矯正視力が0.03以下若しくは視力の良い方の眼の矯正視力が0.04かつ他方の眼の矯正視力が手動弁以下又は周辺視野角度(I/4視標による。以下同じ。)の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度(I/2視標による。以下同じ。)が28度以下若しくは両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が20点以下の者をいう。)に対しては、実地問題については行わない。

また、重度視力障害者に対しては、点字、試験問題の読み上げ又はその併用による受験を認める。

弱視者(視力の良い方の眼の矯正視力が0.15以下又は周辺視野角度の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度が56度以下若しくは両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が40点以下の者をいう。)に対しては、弱視用試験による受験を認める。

 

ア 一般問題

 
解剖学

生理学

運動学

病理学概論

臨床心理学

リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)

臨床医学大要(人間発達学を含む。)

作業療法

 

イ 実地問題

 
運動学

臨床心理学

リハビリテーション医学

臨床医学大要(人間発達学を含む。)

作業療法

 

2. 口述試験及び実技試験

重度視力障害者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。

 

運動学

臨床心理学

リハビリテーション医学

臨床医学大要(人間発達学を含む。)

作業療法

 

作業療法士の国家試験 試験問題と回答

2019年度の分はまだ発表されていませんが、 厚生労働省サイトで、例年問題と回答が公表されています。平成31年度分はこちらです。

 

厚生労働省 作業療法士国家試験問題および正答について

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp190415-08_09.html

 

 

作業療法士国家試験の合格発表(2019年度)

合格者の発表は令和2年3月23日(月曜日)午後2時に厚生労働省及び各地の作業療法士国家試験運営臨時事務所にその受験地及び受験番号を掲示して発表されます。合格者には「合格証書」が届きます。

という予定でしたが、冒頭にも示したとおり2019年度は厚労省及び各地での合格発表中止となっています。

例年の参考として以下合格発表概要に関しては、そのまま削除せず記載しますが、お間違いのないようお願い致します。

 

厚生労働省の合格発表場所に関して 

厚生労働省 所在地

 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 

 

画像:厚労省サイトより引用

 

“厚生労働本省における合格発表については、合格発表日の午後2時から低層棟講堂(2F)で行います。入館セキュリティの都合上、合格発表にお越しの方は中央合同庁舎第5号館正面入口から入館してください。(詳細はこちら)

 なお、開場は13時30分頃を予定しております。それより前に来省しても会場に入ることはできませんのでご注意下さい。”

 

厚生労働省 合格発表会場より引用

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kaijyou_mhlw.html

 

 

各地の合格発表場所に関して

各地の作業療法士国家試験運営臨時事務所は以下になります。

 

北海道  ランスタッド・札幌支店 国家試験係

宮城県  ランスタッド・仙台支店 国家試験係

東京都  ランスタッド・試験監督事業部 国家試験係

愛知県  ランスタッド・名古屋伏見事業所 国家試験係

大阪府  ランスタッド・難波支店 国家試験係

香川県  ランスタッド・高松支店 国家試験係

広島県  ランスタッド・広島支店 国家試験係

福岡県  ランスタッド・福岡支店 国家試験係

沖縄県  人材派遣センターオキナワ 国家試験係

 

 

また、合格発表当日の午後2時以降に厚生労働省のホームページ内で合格者名簿が閲覧できます。以下のリンクで、各試験の合格発表欄に「合格発表(速報)」及び「合格発表について」と表示されます。

 

厚生労働省 国家試験合格発表 

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/goukaku.html

 



作業療法士国家試験の合格発表後の手続き・費用

免許申請

 

「合格証書」が届いたら、免許申請を行います。申請は住所地の保健所(一部県については県庁)で行います。

作業療法士の免許申請に必要なものは以下になります。

 

  1. 9,000円(収入印紙)   登録免許税(手数料)として
  2. 作業療法士免許申請書 (所定の用紙を利用。 各学校に配布、保健所に備えあり。)
  3. 住民票の写し等  ※下記参照
  4. 健康診断書 (所定の用紙を利用。 発行日から1ヶ月以内のものに限る。)
  5. 登録済証明書用はがき(63円切手を貼ったもの)

 

※「住民票の写し等」下記のいずれかのもので、発行日から6ヶ月以内のものに限る。

住民票の写し(本籍が記載されかつ、個人番号が記載されていないものに限る)

又は戸籍抄(謄)本(出願後の本籍又は氏名の変更の有無が有の場合もしくは免許証の氏名に旧姓の併記を希望する場合には、必ず本籍または氏名の変更経過が確認できる戸籍抄(謄)本。

外国籍の方については、短期在留者は「旅券その他の身分を証する書類の写し」、中長期在留者・特別永住者は「住民票の写し」(国籍等が記載されており、個人番号が記載されていないものに限る))”

 

e-Gov 電子政府の総合窓口   作業療法士免許の申請手続 より引用

https://shinsei.e-gov.go.jp/search/servlet/Procedure?CLASSNAME=GTAMSTDETAIL&id=4950000000759&fromGTAMSTLIST=true&SYORIMODE=

 

作業療法士免許証取得までの期間

免許申請から約2ヶ月〜3ヶ月ほどで「作業療法士免許証」が届きます。

これにより厚生労働省の有資格者名簿に登録されたこととなり、作業療法士としての業務が可能となります。

 

※有資格者として業務を行うには、免許申請を行い、厚生労働省の有資格者名簿に登録されることが必要になります。免許申請を行わず、登録される前に業務に従事した場合、行政処分の対象となります。

 

免許証は免許申請から概ね2ヶ月~3ヶ月ほどでできあがります。 免許証ができあがったら保健所から「免許証交付通知はがき」が届きます。 それを持って保健所窓口へ免許証を受け取りに行きます。

 

 

婚姻や本籍変更・紛失等の免許証交付申請手続き方法

作業療法士の籍(名簿)訂正・免許証書換え交付申請

氏名や本籍地が変わった場合は変更となった日の翌日から30日以内に届け出が必要となります。

申請は住所地の保健所(一部県については県庁)になります。

必要なものは以下になります。

 

籍(名簿)訂正・免許証書換え交付申請書

 

1,000円(収入印紙) 

籍訂正・書き替え交付申請書

戸籍抄(謄)本 (発行日から6ヶ月以内)

免許証

 

 

作業療法士免許証の再交付申請

紛失した場合や、き損した場合は再発行が必要になります。

申請は住所地の保健所(一部県については県庁)になります。

必要なものは以下になります。

 

作業療法士免許証再交付申請

 

  • 3,100円(収入印紙)
  • 住民票の写し(本籍が記載されており、個人番号が記載されていないもの。発行日から6ヶ月以内のものに限る)
  • 免許証(き損の場合)
  • 免許証の最高府に関する調査及び意見書(保健所(一部県については県庁)で申請者からの聞き取り等により作成されます)

 

 

 

まとめ

 

作業療法士免許証は就職等の際に職場への提出が必要になります。

在職中も定期的に職場への提出が必要になります。

各リンクも記載していますので、公式サイトを確認しながら免許取得まで頑張ってください!

 受験者の皆様方、今年の国家試験受験おつかれさまでした。

 

ライター:大河  6年目看護師

 

晴れて合格したあなたには、こちらの記事もおすすめです!

大きすぎる国家資格免許証の保管方法。医師免許証・医療系免許証の取扱説明書

 

2019年度医療系国家試験合格発表カレンダーはこちら!

各国家試験のリンクからそれぞれの免許証の手続きの記事が見れます。

【最新版】2019年度 医療介護系 国家試験・合格発表カレンダー一覧

 

あなたにおすすめ



 

 

 

 



人気記事